佐々木圭一さん著「伝え方が9割」から学んだことを踏まえて、【before】【after】をやってみたいと思います!

前回の記事:「伝え方が9割」を読んだ感想~前半~

今年の3/30から続けている、わたしのサイトCOCOCOLOR ココカラーへの一日一記事アップ。

その中からいくつかピックアップし、著書から学んだ①サプライズ法②ギャップ法③赤裸裸法④リピート法⑤クライマックス法を用いて手直しをしました。

 

①サプライズ法 
MIYABIの「ハニートースト」と「MIYABI至福のフレンチトースト」を食べ比べ♪より

【before】
一口食べると、見た目以上にしっとりふわふわで、お口の中で溶けました~

【after】
びっくり!一口食べると、見た目以上にしっとりふわふわで、お口の中で溶けました~


②ギャップ法
本物は、我々には見えないものが見えているより

【before】
高い志と共にある高い視点

【after】
低い志と共にある低い視点で過ごしていないだろうか。本物には、高い志と共にある高い視点がある

 

③赤裸裸法
心が満たされ幸せな気持ちになれる、岩合さんの「世界ネコ歩き」より

【before】
ちょっとしんみりしてしまいました

【after】
ちょっとしんみりして、なまぬるい大きな溜息が出ました

 

④リピート法
50歳でピアノを始めた父に学ぶ、やりたいことをやる生き方より

【before】
わたしが子供の頃は、何て自由で破天荒な父なのだろうと思っていました。

【after】
わたしが子供の頃は、何て自由で、何て破天荒な父なのだろうと思っていました。

 

⑤クライマックス法
「いい人生はいいことをすれば手に入る」を読んだ感想より

【before】
とても心に響いたのは、「他人を変えようとするのではなく、自分自身がよいことをする。」という言葉です。

【after】
とても心に響いた言葉があります。
それは、「他人を変えようとするのではなく、自分自身がよいことをする。」という言葉です。


どうでしょうか。

少しのことで、自分でも驚くほど言葉が生まれ変わりました。

著書にもあるように、まさに素人のわたしがプロのレシピを真似して調理することによって、美味しい料理になりました。

学んだことを生かせる場があること。

わたしにとって幸せなことの一つです。

これほどまでに実践的で生活に密着した「伝え方の技術とルール」「感動的なコトバをつくる」こと。

相手の心に響く文章を学んで魅力的な表現力を身に着けたいという思いで読みはじめましたが、記事を書くための学びに限らず、毎日の生活でのコミュニケーション力を高めることにも結び付きました。

 

わたしの大好きな言葉の一つに、この言葉があります。

 

美しい唇であるためには
美しい言葉を使いなさい

美しい瞳であるためには
他人の美点を探しなさい

 

オードリー・ヘップバーン


わたしは、その「美しい言葉」とは、正しい言葉遣いというより、相手の立場に立った愛に溢れる温かい言葉であると捉えています。

そして、「他人の美点を探しなさい」という部分を改めて考えると、相手にその美点を「伝える」ことが、今のわたしにとって必要なことのように思えます。

学んだことを生かせる場がたくさんあります。

 

あなたの生きているこの瞬間を輝かせるために、人の心を揺さぶるコトバを知っておいてほしい

「伝え方が9割」 P202より引用

 

まさに、人の心を揺さぶるコトバによって自分が変わり、相手が変わると思います。

人生が変わると言っても過言ではありません。

これから先、著書との出会いと学びに感謝し、生きたコトバで相手に伝えることによって、自分を成長させていきたいと思います。

「伝え方が9割 2」の感想も記事にします(*^^*)


最後に、著書の中で佐々木さんが「私が最も心ふるえたもの」として紹介していた、ギャップ法を使用しているコトバを引用します。

電車の中で読んでいたのですが、みぞおちの更に奥深くから込み上げてくるような感動が涙腺と合流して、大きな涙が本の上に落ちました。

涙がこぼれ落ちないようにグッとこらえながら読んでいると、世の中で起きている様々な事件や事故の映像が、走馬灯のように脳裏に流れてきました。

これが現実なのかと、悲しみと怒りで心が押し潰されそうになる事件や事故が絶え間なく起きている今だからこそ、この詩が胸に突き刺さります。

ネットでも数多く上げられていますが、自分の中でもう一度大切に噛み、自分自身と向き合うために、書き写しました。

 

この時代に生きる 私たちの矛盾

ビルは空高くなったが 人の気は短くなり

高速道路は広くなったが 視野は狭くなり

お金を使ってはいるが 得るものは少なく

たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 家庭は小さくなり

より便利になったが 時間は前よりもない

たくさんの学歴を持っていても センスはなく

知識は増えたが 決断することは少ない

専門家は大勢いるが 問題は増えている

薬も増えたが 健康状態は悪くなっている


飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 笑うことは少なく

猛スピードで運転し すぐ怒り 夜更かしをしすぎて 起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で テレビは長く見るが 祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが 自分の価値は下がっている

喋りすぎるが 愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる


生計のたてかたは学んだが 人生を学んではいない

長生きするようになったが 長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが 内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが より良いことはなしえていない


空気を浄化し 魂を汚し

原子核を分裂させられるが 偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 待つことは覚えず

計画は増えたが 成し遂げられていない

たくさん書いているが 学びはせず

情報を手に入れ 多くのコンピューターを用意しているのに

コミュニケーションはどんどん減っている

ファースト・フードで消化は遅く

体は大きいが 人格は小さく

利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに 家族の争いはたえず

レジャーは増えても 楽しみは少なく

たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない

夫婦で稼いでも 離婚も増え

家は良くなったが 家庭は壊れている


忘れないでほしい 愛するものと過ごす時間を

それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい すぐそばにいる人を抱きしめることを

あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 1円もかからない

忘れないでほしい あなたのパートナーや愛する者に「愛している」

と言うことを 心を込めて


あなたの心からのキスと抱擁は傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい もう逢えないかもしれない人の手を握り

その時間を慈しむことを

愛し 話し あなたの心の中にあるかけがえのない思いを分かち合おう

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない

どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ

 

ボブ・ムーアヘッド 原作
佐々木圭一 訳