一昨日、妹と一緒にハンバーガーを食べながら、色々な話をしました。

関連記事:中目黒のブルースターバーガーを堪能

その中で、「気付かない人が多い」という話になりました。

仕事でも仕事以外でも、配慮ができない人。

妹と私はどちらかというと細かいことに気付いてしまう性格なので、相手が気付かないことに苛立ちを覚えることが多々あります。

でも、気付かない、配慮ができないということ自体が自分を基準にしているから思うことであって。

相手の価値観を自分の価値観に当てはめることはできないと冷静になれば納得できます。

それでも、「これをやってくれたらいいのに」とか「少しは手伝おうという気持ちにならないの?」とか・・・

しまいには、「どうして気付かないの?頭おかしいんじゃないの?」とか笑

他人とのコミュニケーションが必要な場では、そのような場面に多々遭遇します。

細かいことに気付く人ほど色々考え過ぎて、自分自身の心をコントロールすることが難しいときがあります。

どうすればい良いのか。

わたしは、何か他人の配慮のなさに心が疲れそうになった瞬間、自分が疲れたくないから自分で行動するようにしています。

「どうして何もやってくれないのか・・・」と相手に期待することも、行動を促すことも本当に面倒!笑

結局は自分が嫌なのだから、自分のために気分良く喜んで行動すれば、経験値が上がります。

細かいことに気付くということは、それだけ視野が広いということ。

視野が広いということは、それだけ多くの世界を見ているのだから、経験値が上がるということ。

お得!という考え方です笑

見返りは求めなくても、見ている人は見ています。

大切な家族や友達は、いつでも味方でいてくれます。

だから大丈夫!

妹と話をした翌日、尊敬するワタナベ薫先生のツイートが目に留まりました。

とてもおめでたい考えですが、妹と私のために言ってくだっていると思いました笑

全てが凝縮されている、シンプルな言葉が胸に響きました。

行動は真実

薫先生に感謝。

そして、改めて色んな話ができる家族がいてくれる幸せに感謝。