当サイトで2019/3/30から1日1記事アップすることを続け、今日で33日目を迎えました。

自分が作ったサイトに記事をアップすることを1ヵ月以上続けたのは、始めてのことです。

何事も続けることが得意なので、記事を書き続ける自信はありました。

ちょっと偉そうで恐縮ですが、続ける自信があるということは、続けることを決めたから実行するだけという考え方です(‘◇’)ゞ

1ヵ月経過して、ようやく自分の中に変化を感じられるようになりました。

大きな変化は、記事を書くスピードが速くなったことです。

始めのうちは1,000文字書くことさえ大変だったのに、今となっては気付けば1,000文字以上書いているところからも実感できます。

それと反比例して、記事を書くスピードは短くなっているのです。

その理由は、3つあります。

①慣れてコツを掴んだ。

これは、1ヵ月の月日の賜物です。

当たり前のことですが、続けることによって習慣化されるので、文字通り慣れていきます。

 

②著書により、以前より文章を書く術が身に付いた。

参考にさせていただいた様々な著書、特に、樺沢先生の「学びを結果にかえるアウトプット大全」から学んだことにより、以前とは比べ物にならないほど、文章を書く術が身に付きました。

「学びを結果に変えるアウトプット大全」を読んだ感想

以前が酷いものだったので、特にそう思うのですが笑

 

③作業を分けることにより、効率が上がった。

リサーチすること、記事を書くこと、それに付随する写真の選別や加工をすること等…

記事の投稿に伴う作業を分別して、それぞれを集中して行うことで、作業効率が上がりました。

例えば、リサーチをするときはリサーチのみをして、記事を書くときはひたすら記事を書き、写真関連の作業はそれだけをまとめて行います。

始めの頃は1記事アップするまでの一連の流れを全てその時にやるというスタイルだったので、慣れていないことも相まって、とても時間がかかっていました。

時間がかかるので、精神的に疲れてしまうこともありました(>_<)

そんな中、上記のように記事の投稿に伴う作業を分けたところ、そのことで気持ちがリセットできるのもあり、とても捗るようになりました。

結果として、記事を書くスピードが速くなったのだと思います。

カフェなどの出先で記事を書くことも多いので、環境を変えることも自分にとっては良かったのかもしれません。


以上、1日1記事アップを続けて33日目にようやく実感している、記事を書くスピードが速くなったことについて考察してみました。

まだまだ始まったばかりで課題は多くあります。

少なくとも、目の前に追われていっぱいいっぱいになっている状態からは脱出した今日です。

こちらの記事以外にもやるべきことがたくさんあります。

毎日の学びに感謝しながら自分から発信して行動し、日々精進していきます。

つたないわたしのサイトを読んでくださっている方に感謝いたします。

ありがとうございます。

わたしにとっての子供のようなcococolor ココカラー共々、これからもよろしくお願いいたします(*^^*)