来月に誕生日を迎える父は、50歳でピアノを始めて早十数年が経とうとしています。

元々音楽が大好きで、学生の頃はクラッシックギターを弾いていた父。

わたしが子供の頃はギターを弾く父の姿を度々見かけましたが、だんだんと弾かなくなりました。

それでも音楽が大好きであることは変わらず、気になった音楽があるとすぐに調べて聴き、気に入るとコンサートへ行くというスタイルを続けている父。

わたしたち娘も5.6歳からピアノを習っていましたが、そんな父の影響もあり、様々なジャンルのコンサートに行く機会の多い、音楽が身近にある環境で育ちました。

 

そんな中、クラッシックからロック、演歌まで、幅広いジャンルの音楽を愛する父が初めてファンクラブに入るほど熱狂したアーティストが、XJAPANでした(=゚ω゚)ノ

どうしてファンクラブに入ったのかを聞いたところ

「コンサートの情報などを優先的に知りたいから。」

という理由で、大好きなアーティストの情報を早く知って、確実にコンサートに行きたいという目的でした。

家に帰ると、リビングでXJAPANのライブ映像が流れているとが多かったので、時間が経つに連れてそしてわたしも好きになりました。

そして遂に、父とわたしは初めて東京ドームでのXJAPANのコンサートへ行きました♪

小学生だったわたしは、東京ドームの大きさに驚き、何より周りのファンの方々のコスプレに驚きました!

当時はX時代のメンバーの服装や髪形をしている方が多く、一見怖い感じ( ゚Д゚)

コンサート開始前にトイレに行ったとき、手を洗うところに全身コスプレされたお姉様が3人いらして、立ち上げた髪にスプレーをひたすら吹きかけていました…

手を洗いたいのに、怖くて洗えない(;’∀’)

しばらく待っても変わらず髪型に念入りなお姉様方に勇気を出して「す、すみません…」と言いながら、間に割り込んで手を洗った記憶が、今でも鮮明に脳裏に焼き付いています笑

 

話が逸れてしまいましたが、XJAPANに惚れ込んでファンクラブに入り、コンサートに行くことを日々楽みながらも、XJAPAN以外の様々な音楽に触れていた父。

そんな父が50歳頃になったとき、急に大人用のコースがあるピアノ教室へ通い始めました。

理由は「YOSHIKIみたいにピアノを弾きたいから。」

家にはピアノがあったので、躊躇なく始められた父は、いくつかのピアノ教室の体験レッスンを受け、最終的に自分が弾きたい曲を弾けるピアノ教室に決めました。

日本で子供が一からピアノを習い始めると、初心者はバイエル、次はブルグミュラーのように、だんだん上達できるようにレベルにあった教材を順番に練習していくスタイルだと思います。

わたしはそうでした。

しかしながら、当時50歳の父は弾きたい曲を弾きたいという、基礎を無視した要望だったので、その父の要望にあった教室が近所に存在することを知ったわたしは驚きました。

10年前の当時にそれができる教室が近所にあったことは、父にとって幸運なことだったと思います。

指慣らしのテキストが1冊、弾きたい曲の譜面が1つ。

それだけの教材で、ねこふんじゃったさえ弾けなかった父がみるみる上達していく姿に、わたしたち家族は感動しました。

左手と右手が同時に動いてしまうことを乗り越えて、別々のメロディーを弾くことがどれだけ難しいことか。

それを何度も何度も練習して、だんだん曲になっていく様子は、努力を重ねた結果だと称賛の気持ちでいっぱいになりました。

そして、そんな父に根気よく指導してくださった先生にも感謝の気持ちでいっぱいでした。

今となっては、ミュージカル・キャッツのメロディー、メンデルスゾーンのベニスの舟歌、ベートーベンの月光…

父が大好きで弾きたいと思った曲をマスターしています。

50歳でピアノを始めた父に学ぶ、やりたいことをやる生き方を考えると、とにかく自分の欲望に真っ直ぐだと思います。

いい曲だと思うと、すぐに調べて聴く。

好きになると、ファンクラブに入る。

大好きになると、コンサートに行く。

大好きなアーティスト(YOSHIKI)のようにピアノを弾きたくなると、ピアノを始める。

そこには何の躊躇もありません。

わたしが子供の頃は、何て自由で、何て破天荒な父なのだろう!と思っていました。

でも今は、その自由で自分の本心に真っ直ぐな父を、とてもかっこいいと思い、尊敬しています。

そして、何も反対せずに父のやりたいこをを全て受け止めて応援している母に対しても、尊敬の気持ちが溢れます。

周りが反対していたら、どんなにやりたくてもやりにくい状況になり、本人が一番やりにくくなってしまいます。

なので、環境も大切なことの一つだと思います。

 

今、長渕剛さんのファンクラブに入っている父は、ゆずの栄光の架橋をクラッシックギターで弾き語りしたいと言っています( *´艸`)

そこは、長渕剛さんの曲を弾き語りしたいと言ってほしかった笑

そのために新しいギターを買うと意気込みながら、サビの感動的な「栄光の~架橋へと~♪」の高音が出ずに毎日お風呂で練習しています笑

やりたいことをやる父の背中を見て育ったわたしも今、やりたいことをやっています。

これからも、年齢に関係なくやりたいことをやる父の姿に刺激を受けながら、シンプル思考で行動していきたいと思います(*’▽’)

そして、ただ行動するだけでなく、結果が伴う行動を意識していきます。