コロナのニュースが世間を騒がせ始めた2月くらいから、電車内のつり革や手すりを一切触らなくなりました。

自分でも驚いていますが、ここ半年は全く電車内の物に触れていません。

わたしなりの予防です(*‘∀‘)

公共の物を触らないことにプラスして手洗いを徹底すれば、最強だと思ったからです。

とにかく触らないと意識することにより、電車の揺れに対処する方法を自然と身に付けました!

 

電車に乗ると、まずは人が少ないエリアに移動。

もしよろけてしまっても、周りの方にぶつからない距離感がある場所がベストです。

良き場所を見つけると、肩幅くらいに両足を広げ、右足は若干前、左足は若干後ろの位置で立ちます。

とにかく地に足を付けるイメージで、腹筋に力を入れます。

電車の揺れに合わせてバランスをとる、まさに、体幹トレーニング♪

無料で手軽に運動をしている感じです(”ω”)ノ

普段よく利用する電車の経路内に大きく揺れる箇所がないこと、乗車時間が短いこともありますが・・・

転びそうになったことはありません。

自分の中で、触っていはいけないと決めたので意地でもそうしている感じです笑

自分の体に影響すること、例えばウイルスの感染防止などの具体的な対策となると、意外と継続できます。

そして、気付けば習慣になっていました。

一度決めて、「絶対に触らない~!」と少し意地になると、意外と貫き通せるものですね。

自分の中でルールを作るような感じです。

コロナ感染者が増える中、いかに自分の身を自分で守るかがポイントになっていると思います。

そのために、電車で体感トレーニングができる場合は取り入れてみることもいいかもしれません。

もちろん、体に辛い部分がなく、元気な場合のみ。

予防がますます大切な今、当たり前の生活の中でちょっとしたことでも、感染防止のためにできることがあるかもしれませんね。

意識しながら生活したいと思います。