7月1日から、全国でプラスチック製レジ袋の有料化がスタートしましたね。

わたしは普段から近所のスーパーではエコバッグやリュックを使っているので、特に何も変わりません。

コンビニなどでも必要なので、小さめのエコバッグを持ち歩くようにしたいと思います。

ただ、疑問があります。

果たして、レジ袋の有料化がプラスチックごみの削減に繋がるのでしょうか。

プラスチックの過剰な使用を抑制することが、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題に向き合うことになるということは一応理解できます。

ただ、生活するうえで発生するごみを入れるためにレジ袋を使う人が多いことが現状。

ある意味、生活必需品です。

結果、レジ袋を購入することになります。

これって、どうなのでしょうか。

レジ袋有料化を否定するつもりはありません。

今までエコバッグを全く使っていなかった人が使うようになる。

環境問題に向き合うきかっけになり、一人一人の意識改革に繋がる。

そのようなメリットはあると思います。

問題なのは、レジ袋を買う人が増えるということ。

結局レジ袋の消費数はあまり変わらないのでは?と考えてしまいます。

 

そんな中、気付いてしまいました。

これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

引用元:レジ袋有料化 – 経済産業省

プラスチックごみの削減を目的としていなかった~笑

それでも、ライフスタイルを見直すきっかけとなり、結果としてプラスチックごみの削減に結び付けば!ことですよね?

勝手ながら、誰に向かっているのかわからない提案をしたいと思います(=゚ω゚)ノ

①購入できるレジ袋を、プラスチックごみ問題や地球温暖化に結び付かない素材でできたものだけにする。

②上記レジ袋の売上金額を、環境基金として使用する。

将来的にはそうなってほしいと願います。

レジ袋の有料化はスタートしたばかり。

この施策によってプラスチックのごみが削減されたなど、具体的に目に見えてわかるデータがあれば、わたしたち国民としては意味のあるものと実感できると思います。

一人一人が協力することで、結果に結び付きますように☆彡

全ては地球と命のために。