電車の中で、50代に見受けられるお二人の女性の会話が耳に入ってきました。

「やっと食事の後片付けが終わったと思ったら、3時間後には食事の準備をするの、もうやだ・・・」

「そうだよね、もうやめたいよね。」

ご家庭での日々の食事の準備と後片付けの大変さを話されていました。

実家に住んでいるときに、母が毎日の夕食のことを考えるのが大変だと言っていました。

母以外、全員外食する予定があった日は、朝からとても嬉しそうでした。

それはそうです。

一番始めに夕食を何にするか考えることから始まり・・・

家族分の夕食を準備するために買い物をし、食事を作るのですから。

外出自粛により、全員がご自宅で食事をされるご家庭が増えていると思います。

お子様がいらっしゃるご家庭はおやつの時間も考えると、朝・昼・夜の3回以上食事の準備と片付けが必要。

その大変さは、経験されている方にしかわからないかもしれません。

家族団らん。

みんなで食事を楽しむ幸せな時間。

それは、理想郷。

現実は、負担が多い方がたくさんいらっしゃいます。

中にはみんなで協力し合っているご家族もいらっしゃるでしょう。

それでも割合としては、多くの主婦の方の負担が大きいと想像します。

感謝の気持ちを忘れはいけませんね。

ご自分の時間を削り、家族のために貢献されている方々を心から誇りに思います。

わたしは独身なので、食事に関わる時間については問題はありません。

ご家族がいらっしゃるご家庭では、それが羨ましいと思われるかもしれません。

ただ、災害時や今回のような緊急事態で世の中がナーバスになっているとき、常に一人で考え行動することに寂しさを感じることもあります。

助け合い、励まし合える家族が側にいらっしゃることを、本当に羨ましいと思うときもあります。

それでも、今回耳に入って来た主婦の方の切実な悩みにより、人それぞれ色んな事情でたくさんの困難に立ち向かっているんだと思い、勇気をもらった気がしました。

家庭を持っているわたしの家族、友達のことを考えました。

どうか、ご家庭で大変な思いをされている方のストレスが少しでも軽減するように、ご家族で協力して過ごせますように☆

体調を壊しませんように☆