6回に渡り、楽天モバイルの無料サポータープログラムについての記事を投稿しました。

 

前回までの記事

楽天モバイルの無料サポータープログラムとは?|2次募集に申し込むことに決めました

楽天モバイルの無料サポータープログラムに申し込み|事件の始まり

楽天モバイルの無料サポータープログラムに申し込み後|事件の予兆・2つの不備

楽天モバイルの無料サポータープログラムのMNP後|全く繋がらない大事件発生!

楽天モバイルの無料サポータープログラムのMNP後|繋がらなくなって4日経過

楽天モバイルの無料サポータープログラムのMNP後|繋がらなくなって6日目、遂に開通!

 

★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★これまでのまとめ★

①2020年1月27日

 楽天モバイルの無料サポータープログラム2次募集の案内メールが届き、申し込むことに決める。

 新規ではなく、今使用しているiPhoneから「AQUOS sense3 plus」のホワイトに機種変更することに。

②2020年2月5日

 楽天モバイルから楽天モバイルの機種変更にも必要なMNP予約番号を取得し、申し込み完了。

③2020年2月6日

 MNP不備による開通手続き中断のお知らせメールを受信。

④2020年2月8日

 MNP前とMNP後の苗字の漢字相違(常用漢字と外字)による不備だと判明。

 本来不備にならないはずのものが不備になっていたとのことで、不備解消。

⑤2020年2月11日

 端末とSIMが届くはずが、SIMのみ到着。 

⑥2020年2月13日

 ようやく端末が到着し「MNP転出開始」ボタンを押下。

⑦2020年2月14日

 午前9:00にiPhoneが圏外になり転出するも、転出先のAQUOS sense3 plusで繋がらず。

 外出先にてカスタマーセンターの方とやりとりをするも、繋がらず。

⑧2020年2月14日~2月17日

 自宅にてカスタマーセンターの方とやりとりをするも、繋がらず。

⑨2月17日

 【SIMカード再発行受付完了のお知らせ】というメールを受信。

⑩2月19日

 新しいSIMに差し替えても繋がらず。

 my 楽天モバイル内の【初期設定開始】ボタンを押し、6日振りに開通。

 

★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

2月14日のMNP後にデータ通信と通話ができなくなってから、2月19日の夕方にやっと開通するまでの経緯を書き留めました。

6記事に渡って投稿したことには理由があります。

それは、わたしがMNPをした2月14日が、無料サポートプログラムの2次募集の締め切り日だったからです。

望まないことですが、これからわたしのように不具合が発生する方がいらしゃるかもしれない。

そう考えたときに、わたしの記事を見てくれた方に少しでも役立てたらという気持ちになり、詳細に書きました。

今回の経験を改めて振り返り、良かった点と残念だった点をまとめたいと思います。

良かった点

①移動中の読書時間が増えた

外出時には東京メトロのWi-Fiに本当にお世話になりました。

それでも、毎回Wi-Fiに繋ぐにも少し時間がかかったり途切れてしまうことが多かったので、急を要するとき以外は接続しませんでした。

そのおかげで、電車に乗るときに一切スマホを手にしないことも多くなり、本を読む時間に充てることができました。

今までも電車内では本を読んでいましたが、読み始める前にスマホを確認する時間が多少なりともありました。

そういった時間も全くない状態で本に集中できたことにより、自然と読書時間が増えたことは良かったです。

 

②No news is good news

便りがないのは良い知らせ」という意味ですが、今回まさにこれでした。

基本的にLINEやメールを確認したのは家。

帰宅後確認しても緊急の連絡が一切なかったことは、本当に良かったです(*´ω`*)

友達が少ないと連絡がほとんどないという現状…

嬉しいのか悲しいのか笑

家族にも使えないことを伝えていなかったので、結果良かったと思いました♪

 

③チャットでの問い合わせ

今回の問い合わせ先は、ほとんどチャットでした。

担当の方と手軽にやりとりできるチャットを初めて利用したのですが、このシステムが使いやすかったです。

繋がりにくいカスタマーセンターの電話窓口と違い、意外と早く返事をいただきました。

営業時間外は電話はできませんが、チャットにメッセージを残しておくと必ず翌日に返事がくるのは◎

何より、「言った、言っていない」とうような認識の違いによるトラブルも起こりにくいと思いました。

履歴に残るので、担当者の方もきちんと確認をしたうえで返答してくださったはずです。

今回記事を書くにあたっても、チャットの履歴を見返すことで嘘偽りない記事を書くことができました。

チャットという問い合わせ方法は正解でした!

 

残念だった点

①対応の遅さ

担当の方には本当に丁寧に対応していただきました。

言葉遣いも丁寧でしたし、何度も謝ってくださいました。

ただ、やはりMNP後に6日間も繋がらなかったのは対応の遅さ故だと思います。

今回特別なプログラムだったこともあり、緊急時の対応方法が確立されていなかったのかもしれません。

色々試した結果、アクティベーションができないという理由で担当部署へ連携調査をする流れになり、調査結果を待つことになりましたが…

その時点でSIMは認識していなことが明確だったので、連携調査と同時にSIMの再発行手続きを進めることはできなかったのだろうか…

解決方法がわからないのなら、可能性があることを同時に試すことができれば、もっと早く開通できたはずです。

とにかく死活問題だったので、解決策を提示していただきたいと何度かお伝えしても待つしか方法がなかかったことも、とても残念でした。

はむぱんさんによる写真ACからの写真

 

②説明不足

最終的にSIMの再発行になり、新しいSIMが届きましたが、中にはSIMカードのみで説明書などは何もありませんでした。

チャットにも案内がなく、my 楽天モバイル内の【初期設定開始】ボタンを押すことが必要だったと後から知りました。

午前中に受け取っていたので、知っていたらすぐに開通できたのに。

説明不足はとても残念に思いました。

 

最後になりますが、楽天モバイルの契約約款には、このように書かれています。

 
第12章 損害時刻 第58条 (責任の制限)

1 当社は、本サービスの提供にあたり、当社の責めに帰すべき理由によりその提供をしなかったときは、 本サービスが全く利用できない状態(その契約に係る電気通信設備による全ての通信に著しい支障が生じ、全く利用できない状態と同程度の状態となる場合を含みます。以下この条において同じとします。) にあることを当社が認知した時刻から起算して、24 時間以上その状態が連続したときに限り、その契約者の損害を賠償します。

楽天モバイル通信サービス契約約款より引用

 

6日間繋がらなかったことに対して、謝罪のみでは納得できなかったので、今回の事象は、この第12章 損害時刻 第58条 (責任の制限)に当てはまらないのかどうか、上席の方から連絡をいただくよう丁重にお願いしました。

結果、「本来は無料サポータープログラムは対象外だが、ご迷惑をお掛けしたので来月以降にポイントで補填します。」との回答がありました。

「無料サポータープログラム開始前のトラブルなのに対象外?」

「無料サポータープログラム契約時の約款なのに?」

不思議に思いましたが、そこには触れず、その対応をしていただいたことに納得し、了承しました。

何ポイント補填されるかは聞きませんでした。

誠意が見えたので、もうそれで十分でした。

この経験からも、ぜひお伝えしたいです。

自分に非がないトラブルがあった場合、泣き寝入りをしてはいけないと。

消費者を守る契約約款は存在します。

クレームではなく、お互いに協力して歩み寄りながらトラブルを解決することが大切だということを身をもって感じました。

この記事を書いているときに、とても嬉しいお知らせが!

ツイートをしたわたしの記事に、「貴重な記事だと思います…。」というコメントをいただいたのです。

そのコメントを読んだ瞬間、本当に救われました。

貴重な記事」という本当に嬉しいお言葉。

少しでも誰かの役に立てたらという思いで書いたので、心から嬉しく思いました。

楽天モバイルの無料サポータープログラムのMNP後、6日間の繋がらない期間を経験したことは、総合的には良かったと、今なら思うことができます。

MNP後に繋がらないという方がいらっしゃったら、カスタマーセンターの方とわたしのやりとりを試していただくと、もしかしたら解決することがあるかもしれません。

少しでも役に立つことを願っています。

開通後は快適です(‘ω’)ノ

また改めて開通後の無料サポータープログラムについて、記事にしたいと思います。

ありがとうございました!