わたしの周りに恋をしている女性がいます。

最近特にキラキラしていて眩しい!

笑顔によるキラキラパワーがわたしにも降りかかってくる感覚になるときがあり、ありがたく浴びています(*´ω`*)

お互いに好きだと思うけど、まだよくわからない。

好きと言われたわけではない。

そんな中途半端な状態。

一番いい時期~(=゚ω゚)ノ

わたしはただ一言その女性に伝えました。

「一番楽しい今の時期を、ゆっくり楽しんで♪」

あっという間に付き合ったりしたら勿体ない笑

ゆっくりじわじわ楽しまないと((((oノ´3`)ノ

そんな知人を見て、小学生の頃を思い出しました。

当時好きだったMくんは、スポーツ万能、成績優秀、かっこいいという非の打ちどころのない男の子でした。

学年で一番モテていたような気がします。

必ずいますよね、全て揃った人気者。

そんなMくんが好きというか、1位でした(^^♪

小学生の頃は好きな人ランキングがあり、好きな人第3位~1位を決めて女の子同士で何かと話題にするという恐ろしいことをやっていました笑

男の子もやっていたような気がします。

最近の小学生はどうなのだろう~♪

わたしのランキング1位はMくん、2位と3位はそんなに重要ではないけど、みんな体裁的に決めていたような笑

 

そんなある日、Mくんとわたしが両想いなのではないかという噂が出ました。

他の女の子の気持ちを察しながらも、心の中でそわそわしていたであろうわたし。

数日後、急にMくんが白い紙を渡してきました。

「これに好きな人の名前を書いて!俺も書くから!」

断っても書けと聞かず…

お互いに書くということを何度も確認して、素直なわたしは白い紙の真ん中に「Mくん」と小さく書きました。

折畳んだ紙を交換して、一緒に開けることに。

「せ~のっ!」

・・・

「え~~~!!!」

わたしが開けた紙は白紙でした笑

顔がこの状態に( ゚Д゚)

や、やられた…

とっさに言い放った言葉。

「あ!それ嫌いな人の名前を書いたから!」

それを聞いたMくんは、少し悲しそうな顔をしてその場を去りました。

やってしまった…

素直じゃない!笑

その後のことは覚えていませんが、そのまま曖昧な感じで中学へ進んだ気がします(;´∀`)

あぁ、何て初々しいのだろう笑

恋をしている知人を見て、そんな淡い小学校時代を思い出しました…

Mくんは結婚しているのだろうか。

パーフェクトな男の子だったけど、今はどうなのだろうか。

頭が良くてスポーツ万能でかっこいい男の子が、大人になってもその状態をキープしているのか、少し気になります笑

どうしよう、ふくよかなおじさんになっていたら…笑

わたしもキラキラしたいのですが、恋愛によるキラキラは出したくても出せるものではありません。

周囲にも幸せを振り撒く、素晴らしいキラキラパワー!

わたしもほしい!

というわけで、恋するキラキラに匹敵するような生きるキラキラを放出したいと思います(”ω”)ノ

そのためには、何といっても今を楽しんで自分磨きをする!

恋するキラキラ女子から、幸せと学びをもらいました♪