友人からこちらのツイートが送られてきました。

 

NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道さん。

北海道札幌市を拠点として猫の保護活動をされています。

参照:NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道

わたしも少しでもお役に立てればと思い購入しました。

写真は生前の家族、れおくん。

 

そして、猫が大好きな友人のことを思い出しました。

猫を自宅で飼っているのですが、猫カフェに良く行くという大の猫好き。

あるとき友人が、こんなことを言ってきました。

「猫カフェに行こうと思ったら、絶対に保護猫カフェに行ってね!」

友人は必ず保護猫カフェに行くそうです。

なぜなら、そのお金は保護された猫のために使われるから。

保護された猫のために使われる保護猫カフェに行くことによって、少しでも猫たちのためになりたいと言っていました。

かわいくておしゃれな猫が描かれたトートバッグも、その売上金が猫のためになるからと言って購入した優しい友人。

そんな友人を見て、少しの行動で救われる命があるなら、もっと意識しなければいけないと思いました。

飼い主の身勝手で捨てられた。

生まれたときから飼い主がいない。

何も悪いことをしていない、一生懸命生きている猫や犬のために自分ができることを意識して行動すること。

どんなに小さな行動でも、命を救うことができると思うこと。

今回のツイートもそうですが、そのラインスタンプ購入によって救われる大切な命があるなら、もっとわたし自身ができることをしたいと思いました。

大切なのは意識と行動力。

一人の意識と行動が広まればたくさんの命が救われると思うと、まずはわたしからと思わずにはいられません。

この記事によって小さな行動が生まれ、救われる命があることを祈っています。

ラインスタンプ ツキネコの春