日々時間を決めて物件探しをしているのですが、最近はよくGoogleストリートビューを利用しています。

Google ストリートビュー – Wikipedia

先日不動産サイトを見ているときに、友人が知らない場所に初めて行くときはストリートビューで予習してから行くと言っていたことを思い出しました。

いつもしっかりしている友人。

ストリートビューで道を把握してから行くなんて、時間の使い方が上手だな~と感心していました。

平面的な地図より、写真で立体的にその場所を見ることによって、視覚的にとてもわかりやすいです。

特に初めて行く場所では、地図には載っていないようなお店や看板も綺麗に写っているので、目的地までの目安になります。

方向音痴なわたしは道に迷うことが多いので、これからは友人を見習って予習をしてから行こうと心に決めました(=゚ω゚)ノ

そして、そのストリートビューを物件探しで生かせるときが!

先日気になる物件があったのですが、現在居住中。

不動産会社に問い合わせたとしても案内してもらえるのは外観のみだと思ったので、早速ストリートビューで物件を確認しました。

at homeという不動産サイトを見ていたのですが、そのサイトは物件の地図を開くとグーグルマップに連動していました。

黄色いかわいい子(ペグマンと言う名前だそうです)に物件の前の道に行っていただくと…

!!!

本当にオートロック!?

(関係者の方々、ごめんなさい…)

サイトに掲載されていた写真は、驚くほど絶妙なアングルで撮影されていたことが判明…|д゚)

やはり、世の中そんなに甘くない!

不動産会社の方に案内していただいたとしたら、きっと何も言えずにその場を立ち去った可能性があるので、連絡しなくて良かったと心から思いました。

それ以来、気になった物件はストリートビューで確認するというスタンスになりました。

初めての場所に行く前にストリートビューで予習をする友人のように、駅から物件までの道や近所を確認することで、大体のその街の雰囲気を知ることもできます

家の玄関であるマンションのエントランスがいかに綺麗で佇まいが良いか。

その点も重視しているポイントなので、まず外観がそうではない時点でいくらお部屋が綺麗でも選ばない。

なので、不動産会社の方に案内していただく手間を減らすためにも(というのは良く言い過ぎました笑)

何より貴重な時間を有効活用するためにも、内件前にストリートビューで確認することがわたしにとっては合っている方法です(*‘∀‘)

物件を探されている方にはおすすめです♪

妹の旦那さんにも物件探しをお願いしているという図々しいわたし。

あまりだらだらと時間をかけたくないので、実際に見る物件=ほぼ決める物件だと考えています。

やることをやりたいので、本心は悩んでいる時間があるならすぐに決めてしまいたいのです!笑

両親は無理して急いで探すことはないと言いますが、まだ引っ越さない~引っ越すまでの時間がもったいないのです( ゚Д゚)

いつからこうなってしまったのか…

まるで生き急いでいるみたいではないか…

…もう少し楽しみたいと思います!(=゚ω゚)ノ


それにしても、この黄色いかわいいペグマンを掴んで地図上に置き、代わりに見に行ってもらうという斬新なアイディア。

考えた方、凄いですね。

わたしも斬新な視点を持って独創的に生きたいです。

さて、どうなるわたしの新居探し。

物件探しの話題が多くなりそうですが、また関連記事を書きます(‘ω’)ノ