「いいかげん」は「良い(いい)加減」という言葉。

好きな言葉の一つです。

対義語辞典による対義語・反対語にはこうありました。

いい加減⇔丹念
いい加減⇔丁寧

参照:対義語辞典ONLINE

 

丹念、丁寧ではなく、少しマイナスのイメージがある「いいかげん」という言葉。

「良い(いい)加減」と捉えることで、一気にプラスのイメージに変身。

「何だが疲れてしまったな~」と思うとき、「そんな中良くがんばっている!」と自分自身を肯定することも大切だと感じている今日この頃。

自分を満たし、癒し、大切にできるのは、他の誰でもない自分。

今日は「良い(いい)加減」でいこうと思います!

 

ここのすけ
ここのすけ
冷凍庫を物色

 

  

か、かわいい~~~~!!!

鹿児島出身の父が選んだに違いない、九州名物「白くま」

食べたら父が大騒ぎするので我慢。

パピコ大好き!

いつも買ってきてくれる母に感謝。

アイスに紛れて凍らされているチョコパイ。

わたしは常温が好き(‘ω’)ノ

ここのすけ
ここのすけ
蝉の声、録音してみた

右上のを押すと再生されます。

 

夏の風物詩、近所で元気に生きている蝉の声。

蝉の声を聴くと父が歌い出します。

「蝉が鳴く~~~チキショーと~~~」

「蝉が鳴く~~~チキショーと~~~」

参照:「蝉 semi」作詞・作曲・歌: 長渕剛

長渕剛さんが歌う「蝉 semi」は素敵ですが、父が歌う「蝉 semi」はとてもうるさく、暑さを倍増させるパワーがあります…

 

毎日がんばっているみなさん。

「良い(いい)加減」でいきましょうか(=゚ω゚)ノ