20:30を過ぎているのにムシムシする中、近所のスーパーに行きました。

納豆・お豆腐コーナーで品出しをされている女性の店員さん。

邪魔をしないように、上の方にある納豆を取ろうとしました。

店員さん「大丈夫ですか?」

わたし「はい、大丈夫です!」

店員さん「お暑い中、ご来店ありがとうございます!

わたしも咄嗟に「ありがとうございます」と言いました。

 

何て素敵な方なのでしょう~

そんな素敵な言葉を掛けてくださる店員さんは、なかなかいらっしゃらないと思います。

周りのお客様に気を配りながら、トレーにたっぷり詰まれた商品を品出しすることは、とても大変な作業。

「いらっしゃいませ」と声を掛けてくださるだけでも、顧客としては気分が良いものです。

さらに一歩先を行く、相手を気遣う心のこもった言葉。

空腹と疲れが溜まっていたわたしは、心身ともに癒され嬉しい気持ちになりました。

プラスアルファーの一言で、相手を元気付けることができる。

言葉のパワーはすごいと実感しています。

せっかく自分の口からでる言葉なら、相手が喜ぶような素敵な言葉を使いたいですね。

スーパーの店員さんから学びました。

わたしも温度がある言葉を使おう(*´ω`*)