また一つ、大切な命が星になりました。

ただただ、悲しい。

TVがないわたしにも、自然と耳に入ってくる報道の数々。

虚無感に追い打ちをかけるような報道に、何の意味があるのか。

理由を探っても、亡くなった人は帰ってこない。

それでも納得したいから、理由を探すのか。

故人の言動を振り返り、意味付けをするのか。

 

故人の家族や身近な人を大切にしてほしい。

悲しくて悲しくて辛くて辛くて。

現実と向き合うことができない。

それでも力を振り絞って、必死に前を向いて生きようとしている方々を傷付けないでほしい。

大切な命を傷付けないでほしい。

心から、ご冥福をお祈りいたします。