新しいことを始めると、今まで関わったことのない人との関わりが始まります。

そんな中、ふと思い出しました。

人のすべての悩みは対人関係である

名著、「嫌われる勇気」にある言葉です。

まさに、度々訪れる悩みは対人関係が起因です。

 

「嫌われる勇気」を読んだ感想に、当時わたしはこんなことを書いていました。

物事を複雑に考え、その複雑さを更に掻き乱しているのは自分自身。

 

その通り!!!

日々様々なことが起こる中、気付けば物事を複雑に考えている自分がいることに気付きました。

「嫌われる勇気」を読んで学んだ、自分の課題か他者の課題かを線引きする「課題の分離」ができていない。

そして、相手を変えようとせず自分を変えるという、シンプルなことができずにいました。

今、嫌われる勇気をさらっと読み直して、気持ちが救われました。

シンプルに(=゚ω゚)ノ

行ってきます!