宅配ボックスが使えなかったため、時間指定で再配達分をまとめて受け取りました。

その数4個!笑

ヤマトさん、佐川さん、楽天さんが次々と来てくださいました(*´ω`*)

そういえば、ヤマトさんは5月くらいからだったと思いますが、印鑑やサインが不要になっていました。

玄関口で名前の確認をして終了。

調べてみると、ホームページにはこのようにありました。

[1] 受領印・サインの省略について


ご自宅や弊社 営業所で荷物をお受け取りいただく際、対面・非対面に関わらず、受領印・サインを省略していただけます。

弊社 セールスドライバーや受付担当者が、お客さまにお受け取りいただいた旨を配達票に記載することをもって受領印・サインに代えさせていただきます。

引用元:受領印・サインの省略および非対面での荷物のお受け取りについて


印鑑・サインが不要ということ以外にも、要望があった際の非対面での受け取りや、クロネコメンバーズのお客様が利用できるオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」での受け取りなど。

「お客さまと弊社社員の接触を極力少なくするために」ということで、コロナ対策をされていました。

印鑑やサインの省略については、コロナ対策にプラスして、受け取り時間の短縮により配達される方の負担も減るのではないかと思いました。

素晴らしい試みだと思います。

ヤマトさんに続いて佐川さん。

普段はタブレットの画面にタッチペンを使ってサインをするスタイルなので、印鑑を持たずに玄関へ。

すると、印鑑かサインが必要でした( ゚Д゚)

調べたところ、画面への接触を通してウイルスに感染する恐れがあることから、画面上でのサインから伝票への押印やサインに切り替えたようです。

 

続いて楽天の配送サービス、楽天エクスプレスさん。

普段は印鑑かサインが必要で、今回も同じでした。

余談ですが、楽天エクスプレスさんの配達員の方が海外の方でとてもかっこよかったです笑

綺麗なブロンドヘアに赤のキャップがお似合い。

流暢な日本語で、「ここに印鑑をお願いします。」と丁寧におっしゃっていました。

ポッドキャストで英語のニュースを流していたので、ちょっとグローバルな気分になれて嬉しかったです(*ノωノ)

今回、宅急便の受け取りラッシュにより、コロナの影響により変化した宅配業者の対応を知ることができました。

まとめると・・・

①ヤマト運輸さん

【before】受領印orサイン
【after】   受領印orサインの省略

②佐川急便さん

【before】タブレットの画面上でのサイン
【after】   受領印orサイン
 
③楽天エクスプレスさん

【変化なし】受領印orサイン

※わたしが住んでいる東京23区内の一例なので、地域によって若干の相違があるかもしれません。

ちなみに郵便局については、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、限定的な対応を展開されています。

ゆうパックおよび書留郵便物等のお受取方法について

とりあえず、荷物を対面で受け取る際は、印鑑を手にして行けば問題ないことが判明しました笑

必要なかったらそれでいいということです(=゚ω゚)ノ

スムーズな受け取りに協力することも、感染を防ぐ大切な要素ですね♪

コロナの感染防止のために、各業者さんが様々な対策をされていることに感謝です。