4日間の頭痛後に37.4℃の熱が出たことで、いつも以上に安静に過ごしていました。

昨日も今日も朝の体温は36℃前半。

良かった(*ノωノ)

天気も良くて、体調も気分も良い♪

復活しました!

頭痛が続いていたときに母と電話で話をしたところ、本当に心配していました。

余計な心配を掛けてしまったことを反省。

そんな中、昨日来た父からのメール。

「アマゾンで縄跳びを買いたいのですが、途中で操作が分からなくなりました・・・」

笑!!!

父のメールに癒されました(*´ω`*)

アクティブでいつも何かと行動している父。

ジムの営業休止が続いていることで、体を動かしたくてたまらないのでしょう。

何かしらのヒントを得て、縄跳びをしたいと思ったようです。

電話で説明したのですが、なかなか伝わらず笑

結局、オオシマさんに聞くからいいとのことでした。

オオシマさんで、誰?笑

さて、今回の頭痛4日連続後の微熱。

コロナの初期症状として、このようにあります。

 

新型コロナウイルス感染症の初期症状では、鼻水や咳、発熱、軽い喉の痛み、筋肉痛や体のだるさ(倦怠感けんたいかん)など、風邪のような症状が生じます。
特に、37.5℃程度の発熱と強い体のだるさを訴える人が多いという特徴があります。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の主な症状とは〜初期症状と感染を疑った場合の対処方法〜より引用

 

頭痛を伴う発熱がみられる方も多いという記事もありました。

一見風邪の症状で、コロナなのか判別できないのが厄介なところ。

女性にっとっては、ホルモンバランスや女性の周期によって体温が上がる時期もあります。

判断が難しいことで、コロナなのにコロナではないと思ってしまう方が多いと思います。

それにより感染者の数が増えている可能性もあることは、本当にもどかしい。

今回の経験から、とにかく冷静に自分の体と向き合うことの大切さを学びました。

正直体温が37.4℃だったときは驚いてドキドキしましたが、慌てずゆっくり休む。

こまめにに検温をして、栄養のあるものを食べ、体を労わる。

無理は絶対にしない。

それが自分を守り、結果周りの方を守るために必要なこと。

大切な命を守るため、自分自身と冷静に向き合おうと思います。