先日、「運転免許更新のお知らせ」が届きました。

以前の更新から5年が経ったことに驚きます。

違反歴なしの安定のゴールド免許は、ペーパードライバーだからです笑

都内では運転をすることがなく、実家の車も運転させてもらったことがありません(”ω”)ノ

本人確認書類として大活躍している、わたしの免許証。

今後継続的に運転することになったら、ペーパードライバー講習を受けたいと思います。

さて、免許更新といったら、写真です!

5年間同じ写真で自分を証明する大切なもの。

少しでも良く写っている写真を使いたい!

前回実家の最寄の警察署で更新手続きをしたときは、写真の持ち込みが可能でした。

そのため、それなりに写っている写真を持って行きました。

担当の方に、「きれいに写ってるね~おじさんにも一枚ちょうだい♪」と言われたことを鮮明に覚えています笑

冗談だとわかっていても、褒められて嬉しかったことは決して忘れません(=゚ω゚)ノ

その担当のおじさまは、わたしの後の女性にも同じことを言っていました笑

鉄板ネタなのでしょう(*’ω’*)

 

前回持ち込みができたので、今回も写真を準備していこうと思いました。

「運転免許更新のお知らせ」のはがきにはこう書かれています。

持参写真による運転免許証の更新は、試験場で行うことができますが、運転免許証の作成には時間がかかります。

 

「持参した写真が使えるなら、時間がかかっても大丈夫♪」

そう思いましたが、警察署が前回とは異なるので、念のため電話で確認しました。

すると担当の方に、「こちらでは写真の持ち込み対応はしておりません。係員が撮影します。」と言われました( ゚Д゚)

はがきにはできると書いてあったのに…

警視庁のホームページを確認してみました。

すると、このように書かれていました。

運転免許試験場(府中、鮫洲、江東)では、更新手続に限り、申請者の希望に応じ、申請者が持参した写真(以下、持参写真という。)を使用して運転免許証を作成することができます。

引用:警視庁 各種申請用写真のご案内

 

そうゆうことですか!

はがきに記載されていた「試験場」とは、「運転免許試験場(府中、鮫洲、江東)」のことでした!

わかりにくい笑

更新手続きをする場所は全て試験場だと勘違いしていました(;´∀`)

5年前、実家の最寄りの警察署では写真を持参できたのに…

規定が変わったのかもしれません(+_+)

写真代と時間が無駄にならなくて良かったのですが、こうなると係員の方にいかにきれいに撮ってもらえるかが大切になってきます!

早速美容院を予約しました笑

自己満足だということはわかっていますが、美容院に行って、万全な状態で免許の更新に臨もうと思います!

都内は上記のような対応でしたが、お住まいの地域によって異なる可能性があります。

運転免許更新の際に写真が気になる方は、写真の持ち込みができるかどうかを確認することをおすすめします(‘ω’)ノ